菜の花プロジェクト

菜の花プロジェクト

「伊賀市菜の花プロジェクト」は伊賀市の地域ブランドづくりの一環として、環境に優しい農業を実践することや資源循環社会のモデルを構築していきます。また、伊賀産菜種油「七の花」をはじめ、農産物の販売や交流人口の増加を図り、地域を活性化していくもとを目的にしています。


具体的には遊休農地などを活用して菜の花を栽培し、美しい農村風景を創りだすとともに、その菜種を搾り地産地消に努め、また、地域の特産品として販売に取り組んでいきます。
また、使い終わった菜種油は、他の廃食油とともに回収してバイオディーゼル燃料(BDF)に精製します。精製できた燃料を農業用トラクターなどに利用することで地域の資源循環モデルを実施していきます。


「七の花」ができるまで

種まき
10月に種まきをすると、翌4月には、黄色い絨毯が一面に広がります。
収穫(刈り取り)
6月下旬 刈り取られた菜種はすぐに菜の舎に運ばれます。
乾燥
菜種は、刈り取りしたその日のうちに乾燥機で水分8%程度まで乾燥させて、低音倉庫で保管します。この状態の菜種はまだ生きているので、畑に蒔けば芽がでます。

 

エクストラバージン菜種油「七の花」の工程

搾油

エクストラバージンは、加熱せずに低音のまま搾油することで、酸化しにくいオイルとなります。搾られたオイルは一週間かけて静置し、その上澄みだけを使います。

自然ろ過

和紙と布を使って数回、時間をかけて自然ろ過します。時の流れをオイルを美味しく、美しくしてくれます。

一番搾り菜種油「七の花」の工程

焙煎

焙煎することによって搾油率を上げるだけでなく、コクと香りができます。

加熱し過ぎてもだめ!足りないのもだめ!な微妙な作業です。

搾油

加熱した菜種を圧搾法で、ぎゅっと搾ります。まだ不純物を含んだオイルがでてきます。

ろ過

湯洗い・静置で不純物や水分を除いた後、圧力をかけながらろ過して、精製します。

瓶詰め

不純物が混じってないか確認しながら、すべて手作業で行っています。

  検品

わずかなゴミ・不純物、見逃しません!

皆さまのもとへお届けしています。

 

七の花の7つの約束

  1. 伊賀産の菜種だけ使う
  2. 生きている菜種を搾る
  3. じっくり時間をかけて作る
  4. 自然のままなにも足さない
  5. 搾りたてをお届けする
  6. 伊賀の元気もお届けする
  7. 美しい伊賀の風景を守る


伊賀市でのBDFの取り組み

  • 伊賀市菜の花プロジェクトの一貫として廃食油をディーゼル燃料に変えて、農機具などの燃料として役立てる取り組みがすすんでいます。
  • 市民レベルの廃油回収運動から発展した取り組みは、市の公的支援や三重大学の技術指導など産官学が連携した地域ぐるみの取り組みとなっています。
  • 現在は、給食センターや病院などから回収した油を三重大学伊賀研究拠点の一角にありBDF製造研究所で製造しています。
  • 週に2回、1回100lのBDFは農機具や菜の花プロジェクトPRのための公用車などに使用されています。全国では数少ない排水の浄化設備を設置し、さらなる環境への配慮をしています。

 

環境に
やさしい農業
すすめましょう

BDF

Bio Diesel Fuel

菜種油をはじめ生物由来の油や、その廃食用油(てんぷら油など)から作られる軽油代替燃料。燃焼によってCO2を排出しても、大気中のCO2総量が増えない環境にやさしい燃料として注目されている。


Copyright© 2013 (社)大山田農林業公社. All Rights Reserved.